寂しい

秋を思う石


 
秋の枯れ色の木々の葉を見つめて何を思うのでしょうか。
寂しさが漂っていますね。
 
「石だから、寒さも暑さも平気なんですがね。やはり来る冬の寂しさがたまらなくいやなんです。話相手だった木達も葉を落として冬眠してしまうし」

フランケン石


 
 「ドラキュラの奥さん綺麗だったなぁ。・・・・ドラキュラの赤ちゃん可愛かったなぁ」
 
 どこか寂しくもの思う石のフランケンシュタインです。
 
 「私も暖かい家庭が欲しくなった。どこかにいいお嫁さんはいないかなぁ」